医学部の再受験・放校を解決する医学進学社

落ちた場合の進路についてのご相談内容

投稿日:2016年12月26日 by admin

194898d6.png

高校三年生の受験生です。
国公立医学部志望です。
すべり止めで薬学部も受ける予定です。

しかし今の手ごたえとして、正直現役で受かる自信がありません。
もちろんギリギリまで踏ん張ってみるつもりではありますが、
きっと親にもいまいち自信が無いのが分かっているから、
薬学部をすべり止めとして受けるよう言ってきたのでしょう。

でもやはり僕としては医者になりたいです。
そのために勉強してきたのだし、諦められません。

そこで悩んでいるのが、もしもダメだった場合すべり止めを受け、そちらに入学後仮面浪人や編入を考えるか、
完全に浪人させてもらうののどちらがより堅実的でしょうか?

やはり受験にしても学費にしてもお金のかかることですから、
受かるまで浪人させてくれとか、(予備校代もかかるかもしれませんし)
そこまでわがままを言うつもりはないのですが、
やはりもう一度くらいは挑戦させてほしいなと思うのです。
そうすれば、その頃までには自分のレベルも嫌ほど痛感するでしょうし。

親にも、もしもの話としてそれとなく相談したら、
まずは今回受かるよう努力してから言え、と言われてしまい、
それもそうだなと思いました。
また最初から編入を考えるのは良くないのでは、とも言われました。

ただやはり、気持のすべり止めというか、安心料というか、
せめて一浪くらいは出来ると言う後ろ盾があれば、
ひたすらあとは死ぬ気で頑張れるのになぁと思わなくもありません。

親には今のところ、これ以上相談できそうもないので、
もしものときに自信持って親を説得できるようなアドバイスいただけますでしょうか。

やはりベストなのは、一番医学部に合格できる率が高くて、かつ親にも納得してもらえるよう節約できる案でしょうか。
案の中には完全浪人する場合は予備校に通うものとして考えていただけると、分かりやすいです。

予備校もピンキリあるでしょうが、実際どのくらいの学費がかかるのでしょうか?

もらったアドバイスお守り代わりに、残りの受験期間頑張りたいです。
よろしくお願いします。