医学部の再受験・放校を解決する医学進学社

生物の必要性についてのご相談内容

投稿日:2016年12月23日 by admin

lgi01a201408021300.jpg

高校二年生です。医学部受験志望です。
現在悩んでいるのは生物が極端に苦手なことです。
前回の記述模試の偏差値は
数学68英語69化学80生物60だったのですが、やはり医学部合格、入学後の学習に苦労するでしょうか。

まだ受験まで一年以上あるので
それまでに数学や英語は最低でも75以上、生物も65以上にまではもっていくつもりなのですが、
いかんせん生物という科目に対する興味、好奇心、楽しさというものが非常に低く、勉強そのものが苦痛です。
生物自体には興味がないわけではないのですが、
現在の担任の教え方も面白くないですし、受験勉強に関しての生物があまり好きではありません。
私は受験勉強は基礎を可能な限り深く理解してアウトプットすれば、
ある程度の学力(偏差値70近辺)は身に付くと思っているのですが、
(実際他の教科に関してはそう)受験問題の生物を解いてもこんなの知らないなあ、推測できないなあということが多々あります。
やはり基礎が身に付いていないからなのでしょうか?
資料集を読み込み、問題集をやるというオーソドックスな勉強をしているのですが、いまいち身についていきません。

もちろん医師になりたいですし、受験まではもちろんのこと、入学後も必死に生物にとりくむつもりですが、
実際生物ってどの程度必要なのか、少し気になったので質問させていただきました。

生物は入学後どの程度必要になってくるのか?
勉強した方がいいのか?

また受験としての生物をどのように勉強していけばいいのか?
楽しく勉強してる人はどのように勉強しているのか?

このあたりのことについてぜひアドバイス頂きたいです。

志望校は聖マリアンナや日大など比較的医学部の中では下位と呼ばれるところから中堅です。
だから、予定通り成績を上げることが出来れば、問題ないかなと思っているのですが、
やはりその中に苦手科目があるというのは多少不安を残します。
憂いなく受験までに仕上げられるように、何をしておくべきか。
よろしくお願いします。