医学部の再受験・放校を解決する医学進学社

受験の打ち切りについてのご相談内容

投稿日:2016年11月27日 by admin

nayamu_boy.png

医学部受験の打ち切りについて
医学部を目指している2浪目の男です。
現役の時はセンター75%で札幌医科大学医学部を受験するも推薦一般どちらも不合格でした。
一浪のときはセンター83%で再び札医を一般で受験するもやはり不合格。
現役のときの判定は常にE。
一浪のときはDからCをうろうろしていました。

母子家庭なので、家はあまり裕福な方ではありません。
それでも道内有数の進学校に進学させてもらい、校内でもがんばってそこそこの成績をおさめてきました。
そのためプライドが無駄に高くて今更引き下がれなくなった自覚はあります。
ここまで進学させてくれた母へ恩返ししたいという想いもありました。
ありきたりな動機ですが、中学時代に父を病気で亡くしたので、医師になりたいと志す様になりました。
それで、家から通える医学部をと思って札医を目指してきました。
父の保険金を使って予備校に通わせてもらっているのに、
医学部には結局行けませんでした、となったら父に申し訳ないという気持ちも。
医学部は2浪、3浪なんて当たり前だと言われますが、現役で受かる人がいるのも事実。
自分は実はあまり頭がよくなかったんだなと自信喪失しつつあります。
嫌ならやめればいい。でも、やめたくない。ずっと矛盾する気持に悩まされています。

今年こそはと気持ちを引き締めて頑張ろうとしていますが、受験が近づくにつれ不安で押しつぶされそうです。
母の貯蓄も無限ではありません。
このままでは父母に恩返しがしたかったはずなのに、逆に苦しめることになってしまいます。
いつかは浪人も打ち切らなくてはなりません。
そのときに医学部に行けなければ、自分の将来はどうなってしまうのでしょう?
医師になること以外考えたこともなかった私は何になるんだろう?
そもそも2浪もした人に普通の生活なんてあるのだろう?と。

医学部を目指すと決めた時から、どんなに辛いことがあっても乗り越えなければと決意したはずなのですが、
お金のこと、将来のことはやはりどうしようもなかったりして、
でも諦めきれない自分がいます。

今年受かれば、今の悩みはきっと笑い話にもできるのでしょうが、
もしも、もしも今年もダメなら諦めなければいけないかもしれません。
そんな時、皆さんはどのあたりのボーダーや理由で諦めていますか?
また踏ん切りがつけられたきっかけはなんでしたか?

きっと僕のように諦めきれないけどどこかで諦めなければと悩んでいる方は多いと思うのです。
ぜひそんな方々の意見をお聞きしたいです。