医学部の再受験・放校を解決する医学進学社

社会人の再受験についてのご相談内容

投稿日:2016年09月16日 by admin

man_nayami.png

医療系の仕事についている社会人です。
現在25歳の男です。
この仕事に携わり、医者の方々と交流するようになって、
医者の仕事というものに尊敬するとともに興味がわいてきました。

もうこれが30を越していたら諦めていたのですけど、まだ20代。
今から勉強して20代のうちになんとか入学できるようにすれば間に合うでしょうか?

知人の医者には多浪して医者になる人もたくさんいるから、充分間に合うのではと言っていただけました。
また自分のように社会人になったあと、再受験する人もいると聞きました。
そこで一念発起して医学部を再受験しよう!と思い立った次第です。

そこでぜひ医学部再受験へのノウハウやアドバイスをお聞きしたいです。

私自身にバイト時代からの多少の貯えはあるので、それで勉強中の資金や受験費用はなんとかなりそうですが、
やはり学費は親の援助が必要になるので、相談したところ、快く、とはいきませんでしたが、
了承してくれましたし、最後には応援すると言ってくれました。
しかしやはり私立の学費を捻出できるほどではないので、もしも私立を受ける場合は、
奨学金や教育ローンなどを組むしかないですが、
再受験からの身で、そういった制度を用いて、将来食っていけますか?
その前に組むことができるのでしょうか?

また一部では再受験生にたいして厳しい大学もあるようですが、
それはなぜでしょう?
再受験生に推奨する大学はありますか?
面接などではどのよう対策しておくべきでしょうか。

学力ですが、現役時はセンターで8割は取れていましたが、
社会人になってからは勉強のべの字もしてませんから忘れているものも多いです。

また自分が現役で大学に入ったころよりも変わってきているでしょうし、
なにより医学部受験は特殊な受験のイメージがあります。
ぜひ今の受験状況を知りたいです。

そして再受験生になるうえで必要なこと、メリットデメリット、
今後どのように勉強していくべきか、アドバイスお願いいたします。