医学部の再受験・放校を解決する医学進学社

独学の是非についてのご相談内容

投稿日:2016年08月14日 by admin

studying.png

医学部受験独学の是非についてお聞かせください。
私は2浪目の浪人生です。医学部を目指しています。
現在の学力は全統記述偏差値68ほどです。
去年1年大手予備校に在籍し、確かに偏差値は8ほどあがりましたが、効率が悪いというか、自分に合ってないなどずっと感じながら授業を受けてました。
もとから授業を聞くという行為が苦痛であったためです。
そのためか、単に自分の実力不足か、再度の不合格。

今は予備校はやめてしまいました。
苦痛のまま続けても、これ以上成績が上がりそうになかったので。
現在市販の参考書は本当に分かりやすいですし、基礎から着実にステップアップすれば確実に去年の成績よりも上げられていたと思っています。
現在場合の数と確率など、苦手なところを黄チャートや一対一対応で学び直しているのですが、
去年1年で学んだことを一瞬にして越えてしまったような気がします。
もともと、参考書とにらめっこして苦しみ、自分で調べ、解決するということが大好きでして、受動的な学習は非常に苦手なようです。

そこでお聞きしたいのですが、今年度はこのまま市販の参考書をメインに独学で医学部に合格しようと思うのですが、どう思われますか?
模試などは学力を計る為にも、積極的に受けていこうとは思っています。
ネット上にも参考書、問題集のレビュー等たくさんのっていますので、それを参考にしていきたいと思っています。
例えば数学ならば黄チャート→一対一対応→新数学スタンダード演習→やさ理、のような感じです。
現在一対一対応までは勉強しています。

志望校は国公立の単科医科大、私立は慈恵~東京医大あたりです。

このままの勉強法で合格までいけるかどうか、もし無理ならばどうしていけばいいのか。
次は絶対に受かりたい(むしろ受からないといけない)のでアドバイスお願いします。
ただそれじゃダメだというだけじゃなく、できれば具体的に教えていただけると気付きやすく助かります。