医学部の再受験・放校を解決する医学進学社

医師になるために必要なことについてのご相談内容

投稿日:2016年05月26日 by admin

jyugyou_fukei.png

現在中学2年生です。
以前よりお医者さんになりたいと思っていました。
親戚の憧れのおじさんがお医者さんだからかもしれません。
本気であることの証として、医師になるための道を広げるために必死に勉強して、地元でもそこそこ名のある有名進学校に入学しました。
勉強は大変ですが、目標のためと思えば頑張れます。
親もそれで、本気だと信じてくれたようです。

以前は小児科になるのが夢でした。
小さい子は好きですし、よく親戚の小さい子たちの面倒は見てきました。
また小児科医が不足している、との話も聞いたことがあったからです。
おじさんも小児科医で、おじさんのようになりたいと思っていたからでもあります。

でも今は、心理学に興味が湧いてきて、心療内科の先生になって思春期外来をしたいなと思っています。
そこで、文学部の心理学に進むことも考えていたのですが、
医者になった方がもっと深く仕事が出来そうですし、やはり国家試験を受けて医師になった方がいいのだろうなと思っています。

とにかく医学部にまず進むためには第一に勉強することが必要でしょうが、
とくにこれを勉強しておくといいという教科はありますか?
必須科目はなんでしょうか?
受験として必要な教科だけでなく、
将来医師として活躍できるようになった時に、学んでおくといいものや役に立つものを知りたいです。
心理学を学ぶ上で必要なものはありますか?

また資格など取っておくといいものなどはありますか?
もしあるなら、今のうちからぜひチャレンジできるものであればどんどんやっておきたいです。
中2でも受けられるようなものはあるでしょうか?
今は無理だけれど、今後受けられるようなものはあるでしょうか?

その他、勉強や資格以外で、医師になるために必要なものはなんですか?
やっておくべきこと、知っておくといいことなどありましたら、
ぜひアドバイスお願いします。

夢のためなら、夢が実現できるまで努力するつもりです。
大変な道でしょうが、覚悟はしているつもりです。