医学部の再受験・放校を解決する医学進学社

医学部浪人する場合についてのご相談内容

投稿日:2016年03月16日 by admin

lgi01a201402011000.jpg

必死に勉強してきましたが、残念ながら医学部落ちてしまいました。
親の要望もあり、後期、他学部受けますが、やはり僕としては医学部に行きたいと思います。
これですでに1年や2年浪人しているならば、素直に他学部に行きますが、せめて1年は頑張らせてほしい。
このままでは後悔する、と思い、なんとか親を説得するつもりです。
しかし予備校等に通うとなるとなにかとお金のかかること。
親の説得にはそれなりの判断情報が必要でしょう。
もったいないから宅浪しろといわれるかもしれません。

やはり他の相談など見ても宅浪は難しそうですよね。

僕としても客観的な意見をもらってどうするかじっくり考えたいと思います。

そこで、予備校などに通うメリットやデメリット。
それに対して自宅浪人する場合のメリットデメリットにはどのようなものがあると思われますか?

やはり宅浪で気になるのは、自己管理ですよね。
それができるか否かにもよるのでしょうが、僕に関して言えばはっきりいって自信ありません。

夏休みは半分残して切羽詰まってきてから慌ててやる方ですし、計画してあってもそれ通りに進めるのは苦手です。
それだけ見ても、やはり宅浪するのはとても無理ですよね。

またそれらの情報を使って、どう親を説得するのが一番いいでしょう。
ただ単にさぼってしまいそうだから無理、という話だけだと、それは自分に甘いだけだろう、
そんなことも管理できないようでは大学なんかに受かるわけがない、と浪人自体を反対されそうです。
ちゃんと理屈の通った、かつ親にもわかりやすい説得方があるといいのですが。

また予備校に関してですが、自分は都内の大学を志望していますが、実家は地方です。
学生寮のある予備校等もあるようですが、地元で通うべきなのか、
それともそういった寮を利用してでも志望大学の側の予備校等にしたほうがいいのでしょうか?
レベルの差などはありますか?
もし親が許してもそういったことも親に説明しなければいけなくなるでしょうから、
そういった情報もぜひ欲しいところです。

今回の受験も、自分では本当に惜しかったと思っています。
緊張し過ぎてしまったのか、いつもはしないような凡ミスをおかしてしまったり、計算ミスをしてしまったり。
医学部に合格できるだけの学力は、着実についてきていたと自負しています。
だからこそ、よけいに諦めきれません。

ぜひアドバイスお願いします。