医学部の再受験・放校を解決する医学進学社

医学部の厳しさについてのご相談内容

投稿日:2015年09月28日 by admin

jyugyou_fukei.png

現在高校二年生です。
医学部志望です。
二学期に入り、先輩たちが目に見えてピリピリしてきました。
特にやはり同じく医学部志望の先輩は余裕が無さそうです。
自分は二年入ってからも学年では上位で、志望している大学も私立医学部で、
このままこんな感じで勉強していけば余裕でしょ、とちょっと軽く思っていました。
偏差値は平均して62~65はあるし、まだ二年生だし、と。
しかし、自分から見ても頭いいなと思っていた先輩でも、あまり余裕があるようには見えません。
よくよく思いだせば、自分が一年の時同じく頭良くてすごいなと思っていた先輩も、今は浪人生だったりします。
その後会っていないので、何が原因だったのかはわかりませんが。
医学部を受けるのって改めて厳しいんだなと思いました。
しかしまだまだ甘く見てる気がします。
どうしても先輩たちを見ても、大変そうだなーと他人事のような気持が強いです。
でもこのままではまずいんでは?という気持も少しではじめました。
そこで改めて、医学部を受験する厳しさを、見つめ直すべきではと思いました。
実際、どの程度の学力ならば余裕が持てるものなのでしょう?
またそこまでの学力を持っていたとしても、ダメだった人もいますか?
ダメだった人失敗した人たちは一体何が原因だったのでしょう。
ついつい甘く見がちな俺に、ぜひ医学部受験の厳しさを教えてください。
それを指針、戒めとして、今後甘えが出ないよう頑張っていきたいと思います。

また二年後半、三年にかけてはどのように勉強していけばいいでしょう?
また勉強以外にしておくべきことはありますか?

たとえばもし推薦を狙うとしたら何をしておくべきでしょう?
一般受験の場合とはまた違ってくるのでしょうか?

出来ればより有利な方法で受験できるのであればそれにこしたことはないと思っています。
どうすればより有利か。
これは甘えではなく戦略だと自分は思っています。

ぜひその辺についてもアドバイスお願いいたします。