医学部の再受験・放校を解決する医学進学社

子供の進路についてのご相談内容

投稿日:2015年07月23日 by admin

doctor1_4.gif

開業医をしているものです。
将来子供が跡をついで医者になってくれたらと思っています。
そのための教育計画をよく妻と話しますが、なかなか意見が合わずに悩みます。
妻は高校からでも遅くはないと思っているようですが、
先日「医学部合格力」というランキングをみたら、やはり中高一貫校がランキング上位を占めていて、
やはり中学からだろうとうんうん、うなずきながら見ていました。
ちなみに現在子供は小学生低学年です。
自分も妻も、よく子供の勉強を見ていますが、苦手な科目はあるようですが、
今のところおおむねいい成績できています。
中高一貫校ならば、高校の教育課程を高校2年までに終え、高校3年時には志望大学の過去の問題を中心に試験対策を取ることができるそうですね。
そういった先取り学習ができるということだけでも、中高一貫校は有利ですし、
加えて、ランキング上位校は医学部合格に向けてのサポートや対策が充実しているそうです。
勉強の場として理想的な環境だと思います。
当然周囲もそういった医学部や難関大学を目指す生徒ばかりになるのでしょうし、
そうすれば、相談し合ったり、ライバルとして競争し切磋琢磨しあったりといった友人関係も築けそうです。
自分は受験時、そういった友人が少なかったので非常に孤独な受験生時代を味わいました。
やはり同じ境遇で相談し合いながら勉強できる場というのは大事なのではないでしょうか?
しかし妻は、もしもいじめ問題など人間関係でのトラブルが起こった場合の問題や、
もしも勉強についていけなかった時のことを心配するようです。
確かにそういった心配もないわけではないですが、
例えばいじめなどの人間関係の問題は中高一貫校や私立公立といった関係なく、
どこにでも起こり得る問題ではないでしょうか。
それこそ起こって見なければ分からない問題です。
それよりも、いい環境で勉強させてあげたいと思うのは間違っていますか?
そういった学校を受験させてよかったと思うこと、また起こったトラブルやそれに対してどう対処したかなど
我々と同じように子供に医学部を受験させようと思っている方の経験をぜひお聞かせ願いたいです。