医学部の再受験・放校を解決する医学進学社

学科の違いについてのご相談内容

投稿日:2015年05月21日 by admin

005.png

現在中学生です。
将来医療系の仕事に就きたいと思っています。
けれど、自分に何が向いているのか分からないので、今は漠然とどんな進路があるのか調べています。
たとえば医学部には医学科に看護科、保健学科などありますが、
医学科、看護科はなんとなくわかりますが、保健学科などはどういったことを学び、
どういった職業に就けるのでしょうか?
学ぶ内容も、全く違うものなのですか?
内容にはどういった違いや差があるのでしょうか。
医療系の職業と言えばまず医者や看護師、薬剤師といったものはすぐに思いつきますが、
その他にはどういったものがありますか?
珍しいものではどういった医療系の仕事がありますか?
どういったことをするものなのでしょうか。
また医学部というと、それだけで超難関で難しいイメージがありますが、
実際には学科によってどの程度違うものですか?
難易度や人気度などにもかなり差はあるものなのでしょうか。
また、どの程度の偏差値があればいいのでしょうか?
それぞれの学科によって、勉強しておいたほうがいいものというのは共通していますか?
どの教科を勉強しておくといいとかありますか。
ちなみに今の中学での偏差値は60前後です。
でも普通の中学なので、できれば高校は医学部に強い進学校に行った方がいいのかなぁとは思っています。
そうなると、高校の受験勉強からまずしっかりしないといけませんね。
医学部はお金がかかるということで、親からは出来れば国公立の大学へ行ってねとは言われています。
当然浪人もあまりさせてくれないでしょうし、自分としても現役で合格したいなぁと思っているので、
出来るだけ今から頑張って勉強して、有利に医学部なり医療系の学部へ合格したいです。
そのためにも、今から目標をしぼっておきたいと思います。
医療系の仕事の種類、医学部の学科の違い、それぞれの難易度、
特に勉強して置いた方がいいものや、今からしておくといいことなど、
これからの進路を決めるにあたって知っておくといいことをいろいろ知りたいです。