医学部の再受験・放校を解決する医学進学社

医学部受験の現状についてのご相談内容

投稿日:2015年05月07日 by admin

lgi01a201402010800.jpg

「成績が良かったからとりあえず医学部を受ける」
こういった傾向が最近常識になりつつあるという記事を読みました。
「医者になりさえすれば勝ち組」「金持ちになりたい」「モテたいから」
「親や担任に勧められたから」そんな単純な志望動機が多いと聞き、
昔から医者を夢見ていた僕としては、正直今の現状に軽蔑してしまいます。
全員が全員、高潔な動機で目指すとは限らないですし、
また今でも高い志で医者を目指す人もいるでしょう。
しかし、10年前よりも医学部受験をする人が急増していると知り、
そうなると、本当に医者になりたい人がなれないのではないかと不安を覚えたのです。
もしも、本当に高い志を持って、医者になりたいと思う人が医者になれず、
なりゆきで医者になった人がはびこってしまったら。
患者側からしたら、不安になるのではないでしょうか?
僕は、父が勤務医だったので、医者という仕事の厳しさの一部を知っているつもりです。
病院に泊まり込んだり、昼夜逆転していたりと、僕と父は擦れ違いが多く。
遊んでもらったことなどほとんどありません。
それでも、そんな父を尊敬し、大変であると知りつつ、そんな父のようになりたいと思うようになり、
(母が、父の仕事の大切さをよく教えてくれたからだと思います)今現在は医学部を目指して勉強していました。
しかし、前述のような現状を見ると、なんだかモチベーションが下がる思いです。
このまま僕は医学部を目指してもやっていけるだろうかと悩んでいます。
そういった空気に流されるのも嫌ですし、そういった動機で医学部を受験するのではと見られるのも嫌です。
そう思うとますます参考書をめくる手が鈍ります。
僕のようなことで悩む人はいるのでしょうか?
実はとてもくだらない悩みなのでしょうか?
流されないためにはどうすべきでしょう。
今は、尊敬できる医者は父以外知りませんが、そういった尊敬できる誰かがもっと出来れば、
こんな悩みも気にならずに済むようになるでしょうか。