医学部の再受験・放校を解決する医学進学社

私立と国公立の違いについてのご相談内容

投稿日:2015年04月29日 by admin

wakaremichi_man.png

国公立の医学部か私立の医学部か、どちらを受験しようかと迷っています。
現在高校2年です。
国公立と私立では、学費、受験科目など大きな違いはありますが、
それ以外ではどのような違いがありますか?
また国公立と私立の評判の違いも気になります。
なんとなくイメージとしてですが、私立は「金積めば入れる」と思われているところがあって、
親が医者や金持ちのボンボンが、頭もたいして良くないのに無理にでも入って医者になる…みたいな。
実際はそんなこともないのでしょうが、自分も結局のところボンボンの類になるのでしょうし、
自分としてもそういった偏見を持ってしまっているのか、ついついそういった評判が気になってしまいます。
また各大学についても、評判のいい大学がある一方で、逆に評価されなかったりバカにされたりしている大学を耳にしたことがあります。
なぜこういった評判の違いが出るんでしょう?
あまりこういった風評にとらわれずに、自分に合った医学部を探すのがいいのは分かってはいるんですが。
入った後から、後悔するのも嫌で、ついついそういった評判は気にしてしまいがちです。
平均偏差値を見ても、国公立のほうが一律に高いように感じますが、
やはり国公立の方が難しいのでしょうか?
ちなみに自分の学力から平均偏差値が70以上ある大学は厳しそうです。
そうなると国公立だと受けられるところは限られてきてしまいます。
それならば、国公立と私立を、両方受けて見たほうがいいのでしょうか?
私立と国公立では受験科目もかなり変わってきますが、
その場合、受験勉強は国公立を目安に勉強して置いた方が間違いありませんか?
国公立と私立、どちらかに絞って受けたほうがいいのでしょうか?
その場合、自分にはどちらが合うのでしょう。
それとも、両方受けて、確実にどこか受かるようにした方がいいですか?
またどうしても評判が気になるので、実際の国公立と私立の良さの違い、特徴や、
実情を知って、偏見をなくしたいです。
どちらに行くにしろ、後悔せずに進学したいですから。