医学部の再受験・放校を解決する医学進学社

国家試験浪人についてのご相談内容

投稿日:2015年03月16日 by admin

hitori_bocchi.png

無事医学部を六年まで終え、卒業試験もなんとか越え、
いざ国家試験というときになって、プライベートでいろいろなことが起き、
すっかり体調を崩してしまい、それでもなんとか試験は受けましたが、
正直ボロボロの状態で受けたため、試験の時のことを思い出せないほどです。
これはもうきっと落ちたな…。
ここまで頑張ってきたのに、最後の最後で国家試験浪人かよ…と、さらに落ち込み、
最近は心療内科のお世話になっているほどです。

それでも、ここであきらめて投げてしまったら、この医学部での勉強が全てパーになってしまうんですよね。
医師の免許をもらうまでは頑張るしかないわけです。
たとえどんなに苦しくても。

とりあえず、落ちていることが確定したなら、予備校に通おうかなとは思っていますが、
それ以外に勉強方法はあるのでしょうか?
実際に国家試験浪人の方たちはどうしているのでしょうか?
また、身体的にも精神的にも病んでしまっているので、
治療しながらの勉強になるため、より困難になることは目に見えています。
ものすごく孤独にもなりそうなのですが、そういった人たちのコミュニティのようなものはないのでしょうか?
やはり皆ライバルで、孤独に闘うしかないのでしょうか。
出来れば、誰か相談できるような仲間が欲しいのですが、
やはりそういったコミュニティを得たいのであれば予備校が適していますか?
これまで多少試験で危ない時があってもなんとか進級してこれていただけに、
ここまでの挫折は初めてで、一人では心が完全にポッキリ折れてしまいそうです。
泣けるものなら助けて!と叫びながら泣き叫びたい気持ですが、
下手にプライドばかり高いため、思うように周囲に弱音が吐きづらいので、
ストレスを貯め込みがちになってしまうんです。
でも、同じ立場の人なら、分かってもらえるかなって思うんですけど…。
そういう考えは甘いんですかね。
だから落ちそうなんですかね。
もっとトラブルにスマートに対処できるような性格ならよかった。
でも今さらですよね。
せめて、国家試験浪人した人の勉強の仕方や経験、アドバイスなど教えてください。
まわりにそういったことが分かる人がいなくて、相談したくても出来ずにいます。