医学部の再受験・放校を解決する医学進学社

医学部にかかる費用についてのご相談内容

投稿日:2015年03月12日 by admin

sozai_21032.jpgのサムネイル画像

息子が医学部に無事入学いたしました。
しかし、多々不安は残るようで、「医学部は留年が多い」とか「連続で留年さえしなければ大丈夫」と良く言っています。
恐らくこれは親に対する、万が一の時の伏線を張っているのかなと思います。

確かに、調べてみると本当に医学部って留年が多いんですね。
医学部に入れるような学力の子は、もともと頭もいい子たちばかりのはずで、
それなりに勉強の仕方も分かっているはずなのに、それでも留年してしまう子がでてくるのは、
やはり専門的な勉強になるからなのでしょうか。
高度な勉強なのでしょう。

わが家は開業医などではなく、普通のサラリーマンなので、
息子には国公立に入ってもらいました。
それなりに大学に備えて蓄えてはきてはいますし、
母親である自分も余裕が出て、働き始めてはいますが、
やはり、医学部は他と違い6年制、さらに数年留年などもしたとなると、
国公立でも資金面がやはり苦しくなってきます。
かといって、ただでさえ、息子があのような伏線を張ってくるくらい不安を抱えているのに、
「お金苦しいから留年しないで」なんて余計プレッシャーをかけるようなことは言えません。
ここは親の責任として、なんとかお金は工面してあげないとな、と覚悟は決めています。
そこで、お教えいただきたいのですが、
もし留年した場合、最長で何年在学出来るのでしょうか?
またその場合のお金は、単純に一年ごとに同じ金額の学費が増えていくと考えてよいのでしょうか?
その他にかかるようなお金はありますか?
ちなみに今、親として出しているお金は学費と1人暮らしのためのアパートの賃貸料と、
最低限の生活費です。
本当に光熱費にギリギリの食費のみなので最低限です。
その他必要なお金は自分でバイトすると言っていましたが、
バイトする時間なんてあるのでしょうか?
他の医学部の学生もバイト出来ていますか?
過保護かなと思いつつ、やはり心配なので、せっかく入った医学部ですし、
減らせる負担は減らしてやりたいです。
せめて資金面だけでも。
大学生が、月に必要とするお金もよろしければ教えてください。