医学部の再受験・放校を解決する医学進学社

進路決めについてのご相談内容

投稿日:2015年03月11日 by admin

005.png

医学部を受ける、入学するということは、もう将来を決めることだと思うのです。
しかも、ひどくリスキーです。

やっと入学できたとしても、他の学部より留年、放校の率が高いと聞きます。
しっかり勉強すれば確率は低くなるとはいえ、勉強も大変難しそうです。
また、最終的にもし国家試験に受からなければ、その6年ないしプラス数年が、
全く意味のないものになってしまいますよね。
費用もすごくかかります。
家も、それなりにお金に余裕のあるほうだとは思いますが、
開業医などではないので、継ぐなどといった必要はありません。

そのため、現在進路を決めるにあたって、非常に慎重になっています。
現在高校1年ですが、もし医学部を目指すのであれば、
すでにそれに沿った勉強をしなければいけないだろうと思いました。
これまで自分ではいい成績をとってきていると思いますが、
やはり医学部となると、他の皆も同じように頭のいいい人たちばかりなわけですよね。
教師や親から、医学部に十分いけるよと言われて、自分でもすっかりその気でいました。
でもこの歳で、将来本当に医者になりたいのかどうかを選択するのは、なかなか難しいです。
しかし他の職業も、今のところ思いつきません。
友人に言ってみたところ「とりあえず今は勉強しておいて、3年になってから決めればいいじゃないか」と言われました。
確かにそうなのかもしれませんが、やはり目標がしっかりしていた方がモチベーションを保てると思うのです。
そこでぜひ実際の経験談を聞いてみたいのですが、
実際に医学部に入学をした人は、いつごろ進路を決められたのでしょうか?
留年は連続でさえなければ何回かは可能なようですが、
それはいざ就職する時に、なにも影響ないのですか?
また放校されてしまった人たちは、その後どのような職業に就かれているのでしょうか。
そしてこれが一番聞きたいのですが、浪人や留年してでも医学部に入り、医者になりたいと思われる動機はなんですか?
やはり、家が開業医だとか、どうしても医者になりたい夢のある人なのでしょうか。