医学部の再受験・放校を解決する医学進学社

ご家族のサポートについてのご相談内容

投稿日:2015年02月19日 by admin

illust2543.png

医学部を目指している高校生の母親です。
子供から、部活を早々に引退するべきかどうかの相談を受けています。
私自身は自分の学力に見合った大学でしたので、部活動も最後までやっていたため、
医学部ほどの難関に挑む場合、どのように受験に取り組んでいっていいのかわかりません。
ある意味医学部受験は、普通の大学受験と同じに考えてはいけないのだろうなと思っています。
そのため、子供になんとアドバイスしてあげたらいいものか困っています。
子供は運動部に所属しています。
レギュラーではありませんが、彼なりに頑張って取り組んでいたと思います。
親の気持ちとしては、どうせ夏休み入る前には引退になるのだから、そこまではやらせてもいいのではないかと思っています。
また自分の経験上から、激しい運動から一転、運動不足になると一気に体力が落ちるだろうなと予測できます。
そういった面からも、まだしばらくは運動はつづけたほうがいいのじゃないかと思っています。
当然、受験生は勉強だけでなく、そういった健康面にも気を使うべきでよね。
けれど、自分の経験のない部分も多いためアドバイスしかねております。
ここはどうするのが一番子供にいい選択なのでしょうか?
また今後受験シーズンまでを、親としてはどうやってサポートしていってあげたらいいのでしょう?
実際に受験生だった方たちは、どういった家族のサポートがあると助かりましたか?
またこれはありがた迷惑だったなというエピソードはありますか?
干渉のしすぎは、うっとうしいだろうし、下手にプレッシャーをかけてしまうのではないかなと心配です。
かといってやはり気になってしまうので、つい「どうなの?大丈夫?」と声をかけてしまいます。
やはりこれは嫌ですよね?
でも放っておくのもおかしい気がしますし…、受験生への対応ってこんなに難しいんですね。
高校受験の時は、ある意味余裕が少しあったため、ここまで気を使わなかったので、
いまさらオロオロしています。