医学部の再受験・放校を解決する医学進学社

留年回避についてのご相談内容

投稿日:2015年02月10日 by admin

school_ryunen.png

無事に一浪することなく国公立の医学部に入学することは出来ましたが、
医学部での勉強しなければいけない量、そして進級することは受験よりもハードだと聞いております。
しかし、家庭の事情的に資金的な余裕はなく、また第一種奨学金制度を利用しているのですが、
もし留年すると資格が無くなってしまうので、留年は絶対に免れなければいけません。
そのため、確実に留年しないためには、何をすべきか、
何に注意すべきかを知って、覚悟して今後の大学生活に臨みたいと思っております。

まず基本的には遅刻欠席などは少ないに越したことはないですよね?
どれくらい欠席してしまうと、留年に影響しますか?
万が一、遅刻や欠席をしてしまった場合、それを挽回できる方法はありますか?
また勉強方法も、受験でやっていたような方法ではまずいのでしょうか?
この受験戦争に打ち勝ってきた先輩方でも留年する可能性はあったわけですし、
実際頑張っていても、たった一つ落としただけで留年してしまった人もいると聞き及びます。
留年を確実に回避できる方法は皆無なのでしょうか?
上記のように出来る限り遅刻欠席などを無くし、
勉強方法を見直せば、確実に留年などを回避できることはできますか?
その他、これはやらないとマズイ、知らないとダメとかあるのでしょうか。
部活などは入らなくても大丈夫ですか?
入ってしまうと、勉強時間が少なくなるのではないか、
そちらに気を取られて勉強に身が入らなくなるのではと入部を悩んでいます。
もし留年してしまい、奨学金が切られてしまえば、
在学出来るか分からないので、まさに必死です。
やっと入学できた大学を去りたくはありません。
そのためやれることは、はじめからやっておこう、努力しようと思っています。
親には心配かけられませんし、他にこういったことを相談できる人も周りにいません。
何かより確実に留年を回避するためのアドバイス、助言などありましたらぜひ教えてください。
お願いします。