医学部の再受験・放校を解決する医学進学社

放校処分についてのご相談内容

投稿日:2015年02月09日 by admin

figure_graph_down.png

ある私立医大に通っています。
現在6年ですが、1年休学し、復学しています。
休学した理由は、勉強についていけなくなったのと人間関係のストレスによる体調不良によるものでした。
成績不良の原因は、授業についていけなかったというよりも、テストの問題が解けなくて落ちたというパターンが多いです。
引っかけや、必要な情報をくみ取る能力が足りなかったのだろうと自分では分析しています。
勉強する気はありましたし、一日何時間も机には向かっていましたが、要領が悪かったのだろうと思います。
またそういった負い目からか、人間関係にもギクシャクしてしまい、疲れ果ててしまいました。
そのため休学するころは、最初にあった医師になりたいというやる気もすっかり失せていましたが、
復学後必死に勉強し、手ごたえも感じ始めてモチベーションも上がってきていたところでした。

しかし今回学長面談を受けることになってしまいました。
以前も受けたことがありますが、その時は卒業判定前でした。
今回は卒業判定後ということもあり、とうとう放校なのではと思っています。
やっとやる気を持ち直してきたところだけにショックでなりません。
以前の自分が悪いことは百も承知ですが、ここまでの時間を無駄にしないためにもなんとかしたいと思っています。
前述の通り、勉強の仕方について不安があります。
放校になって、再度頑張るだけのモチベーションを保てるだろうかという不安もあります。
それでも、やはりなんとかしたいという気持ちが強いです。
そのための努力を、悪あがきでもいいのでしたいです。
これまで医師になることだけを考えてきたので、正直他にやりたいものが分からないのです。

放校された場合でも、再度医大に残るためにはどうしたらいいでしょうか?
放校を言い渡された場合、それを受け入れてから対処したほうがいいのか、
それとも放校される前に何かするべきですか?
どのように身を振るべきか考えあぐねています。