医学部の再受験・放校を解決する医学進学社

勉強方法についてのご相談内容

投稿日:2015年01月16日 by admin

study_yaruki_nai.png

医学部に在籍しているものです。
気になり調べたところ、
放校とは、「学校に入学、在籍していた記録・経歴そのものがなかったことにするもの」とあります。
つまり、その在籍していたはずの経歴が真っ白になるということですよね。
必死に受験して合格し、入った学校を出来れば放校処分にだけはなりたくないものです、と思っていました。
そしてそこまでされるような人は、よっぽど勉強していなかったんだと思っていました。

しかし実際に自分が医学部に入学し、その厳しさに直面し、留年を経験すると、
自分もうかうかしていられないなと、余裕をかましていたらそうなりかねない現実を実感しつつあります。

そのためには次留年しないように勉強するしかないのですが、
実際のところもうどう勉強していいのか疲れ果てて分からなくなりつつあります。
自己流の勉強に行き詰っている感じがあります。

先輩たちに相談出来ればよいのでしょうが、過去問題や過去レポートなどのサポートは受けられても、
彼等も必死に勉強している最中にこれ以上迷惑はかけられないなとも思います。
勉強はこれまで出来る方だと自負していましたが、
意外と要領が悪いのだなと反省しております。
ちなみに今3回生です。
今後どのようにすれば要領よく勉強していけるのでしょうか。
自分は解剖学が特に苦手です。
どうすればせめて落とさないように持っていけるでしょうか。
部活はいっそ辞めた方がいいのでしょうか。
知りあいをたくさんつくっておいた方がいいと言われ入っていたのですが
部活自体には実は興味がありませんでした。

また、もし万が一また留年しそうになって放校などが目に見えてきた時、
例えば自主退学した場合は在籍した実績は残りますか?
再受験などする場合、放校と自主退学では差が出ますか?
もちろんこれ以上留年せずに卒業できるようならねばとは覚悟しています。
国家試験に合格するにも、そこまで出来ていないと当然合格なんてできないでしょうし。