医学部の再受験・放校を解決する医学進学社

医学部専門の塾についてのご相談内容

投稿日:2015年01月05日 by admin

06.jpg

子供が高校に入ってから、医学部に入りたいと言い出しました。

それまで特にやりたい事もなりたいものもなかったようなのですが、
突然医学部に入って医者になろうと思うので医学部専門の塾に通いたいと言ってきたのです。

本人がやる気になっていることを親としては応援してあげるべきなのでしょうが、
わが子に対してこんなことは言いたくないのですが、そこまで勉強ができる子だとは思っていません。

中学のころも、今高校の成績でさえ平凡な成績だと思います。
医学部といえばとてもじゃないけれども、わが子には合格することは難しいのではないかと思うのです。

また、知り合いのお子さんが医学部に入学していたので少し話を聞いたのですが、
大学に入学してからの勉強が大変で、途中であきらめてしまったと。

もし仮にこれから受験勉強をして医学部へ合格できたとしても、
それ以降の勉強についていけるかも心配です。

特別裕福な家庭でもないので、高い学費を払って入った医学部を途中でやめられるのも困ります。
そこで子供ともっとしっかりと話し合いたいのですが、ただ単に大変だというだけでは子供もわからないと思うのです。

そこできちんと数値で表した方が子供もわかりやすいと思いますので、
医学部に入っても進級ができない人、卒業できない人、医師免許が取れない人の数などを教えて頂きたいのです。

毎年何%くらいになるのでしょうか。
小さいころの習い事とは違って、やりたいから入ったけれど、向いてないから、ついていけないからやめるのとはわけが違います。
高額な金額を払う分、最後までしっかりとやり遂げてもらわなければ困ります。

そのうえで、子供にも大学へ入ってからもそれだけの勉強を続けていける自信があるのか、
きちんと卒業して医師免許を取るまで頑張れる精神力があるのかをしっかり確認したいと思っています。
そこまで話し合っても医学部へ入りたいと子供が決めたのなら、精一杯応援はするつもりでいてます。ぜひお願いします。