医学部の再受験・放校を解決する医学進学社

留年や休学は医師国家試験に影響があるか?についてのご相談内容

投稿日:2014年11月09日 by admin

20.jpg

息子が医学部受験を目指しています。医学部の進級について教えてください。

医学部では進級がとても大変だと聞きました。
どの程度、試験ができなかったり単位が取れないと、留年になってしまうのでしょうか?
留年を何回くらいすると放校になってしまいますか?
また留年や休学など、何回まで許されるものなんでしょうか?

知人の子供が某私大医学部に通っていますが、2年生なのに6年目という人がいるそうです。
この場合、留年しそうになる度に休学しているということなんでしょうか。
そうやって留年や休学などした場合、国家試験を受験する際に影響などないのでしょうか?
医学部を卒業してさえいれば、受験資格はとれるものなのですか?

せっかく入学したとしても、やはり費用もかかりますし、このように長々と学生をされると親としては非常に負担になります。その後の就職にも影響があるのではと心配にもなります。
またそこまでしても、進級できないのであれば、卒業はもっと難しいのではと他人事ながら疑問に思ってしまいました。

6年生で卒試に合格しなければ大勢を落第させ、国家試験に合格できる可能性のある学生をふるいにかけ、国試合格率を上げていると聞いたことがあります。そのため、医師国家試験は90%以上を誇っているらしいと聞きました。もちろん、全ての大学ではなくて一部の大学なのかもしれませんが。

我が子であれば、進級できるほどの学力がなかった時や本人にそのやる気がないのが見受けられた時には、すぐに他の道を探させるべきではと考えています。

  • そういった時の参考のためにも聞いておきたいのですが、ストレートで卒業出来た人の国試合格率はどのくらいの率なのでしょうか?
  • 逆に留年を数回している人の合格率はどの程度なのでしょうか?
  • その差を、出来れば分かりやすく数字で知りたいのですが、調べられるようなところはありますか?

そのような統計はないものでしょうか。
実際に医学部に通われている方、又はお子さんを医学部に通わせている保護者の方などのご意見を聞いてみたいです。