医学部の再受験・放校を解決する医学進学社

留年・放校、進級についてのご相談内容

投稿日:2014年11月08日 by admin

19.jpg

知人の息子さんが、首都圏の某私立医学部に在籍されていましたが、なんと落第したそうです。
親御さんともどもショックを受けているらしく、なんと声をかけていいものやら分かりません。

聞くところによると、一学年120名中、約30名もの人数が留年したそうです。
あまりの留年率の大きさにビックリです。
知人の息子さんについては小さい頃から知っていて、中学、高校ともに大変優秀な成績でした。
それだけに私も非常にショックを受けています。
というのも、その息子さんの影響で、我が子も医学部を目指しているからです。
とても他人事とは思えず、とても心配になってきました。
そこで質問させてください。

・医学部って、高偏差値の学校の入学試験よりも進級がとにかく難しいとの事ですが、実際どの程度難しいんでしょう?
部活動やそれ以外の活動もこなされて、ストレートで卒業された方もいるようですし、かと思えば、受験以上に勉強しないといけないとの噂も聞き、検討がつきません。

・留年率なんですが、ラクに進級できる医科大学、メチャクチャ難しい医科大学など差はあるのでしょうか?
当然偏差値の違いなどもありますから、学力の差はあるのでしょうけど、それ以外の理由で進級しにくい大学などはあるのでしょうか。
国公立と私大医学部の差もあるのでしょうか?

・もし、その知人の息子さんが来年も留年したら、退学になることもあるのですか?何度までは留年できたりするのでしょうか?

・そうなったら、彼はどうなるんでしょう?
医学部をもし退学させられたら、もう大学へは再入学したりはできないのですか?
他の学部に再入学なども出来ないのでしょうか?

いずれにせよ、私も、医学部受験を目指す息子の親として、本当に他人事とは思えません。
知人の息子さんにはぜひ、私の息子の憧れの先輩としても頑張って卒業して、立派にお医者様になって欲しいですし、息子には、前例を見習って、油断せず、しっかりと夢に向かって勉強してほしいです。

とはいえ、やはりあのようなかわいそうな目にも合わせたくないので、親としてアドバイスしてあげられるようになるためにも、私も勉強すべきと思いまして質問させていただきました。
ぜひ、ご教示お願いいたします。