医学部の再受験・放校を解決する医学進学社

医学部の留年・放校や奨学金についてのご相談内容

投稿日:2014年11月03日 by admin

14.jpg

現在高校生です。
いずれ医学部を受験しようと考えています。
医学部での留年について、知りたいことがいくつかありますので、質問させてください。

まず、医学部で留年してしまったような人はあまり勉強していなかったり、出席日数などが足りなかった人であり、普通に勉強していればストレートで卒業できるものですか?
1学年でどの程度の人数が留年してしまうものなのでしょうか。

医学部は、他の学部に比べて留年率が高いと聞きます。
医学部に合格できる学力レベルを維持できていれば大丈夫なのでしょうか。
それ以上に勉強しないと追いつけないのでしょうか。
また、何度留年をしてしまうと放校になってしまいますか?
実際留年から放校になる人というのは多いものなのでしょうか。

次に、医学部で留年した場合、奨学金は一切出なくなってしまいすか?
仮に奨学金を使って入学していた場合、もし留年してしまったらどうなるのでしょうか。
奨学金を一度廃止されてしまったら、新たに申請することはできないのでしょうか。
これは第一種奨学金、第二種奨学金とも同様なのでしょうか。
もし、新たに奨学金を得られず、学費が捻出できない場合、自主退学などをせざるを得なくなってしまうのでしょうか。
その際、新たに申請して、他大学を再受験することは可能なのでしょうか。

その次に、医学部で留年した場合、授業料以外の余分にかかる費用はその学年次に納入する費用なのですか?
実際どのような費用がどの程度プラスされるのでしょうか。
また私大と国公立では費用の差はどの程度違いますか?
それから、もし国家試験に受からなかった場合は6年次にはどうなりますか?
留年して次年度に再試験ということになるのでしょうか?
また国家試験は何度まで再受験できるのでしょうか?

親の負担を減らすためにも、奨学金を使い国公立に入学できればと考えていますが、
そのためにも絶対に留年は避けたいです。
分かる箇所だけでも結構ですので教えていただけると助かります。