医学部の再受験・放校を解決する医学進学社

医学進学社トップページ   >>  医学進学社の医学部合格のための個別指導プラン

コスパを考える

一般に医学部受験にはお金が掛かります。
例えば、私大医学部入試の受験料を6万円とすれば、10校受験で60万円になります。

大手予備校でも夏期冬期講習会を含めれば、医学部コース年間受講料は200~300万円、医系予備校なら最終的に何千万円になるというケースはよく聞く話です。

絶対に医学部合格!と考えるなら学力に応じたコスト負担は仕方がないと考えますか?

しかし、何だかわからない受講料を一律に支払っていても成果は得られないかも知れません。

生徒によって学力も性格も目的も違う。つまり、必要な指導、打つべき対策が違うのです。
これを見極めずに一律に受験講座を提供しても、医学部にはなかなか合格できないと断言します。

それではどうすればよいか?

生徒の特性にあった講座、講師、教材を必要な分だけ提供する。
これが医学部合格には重要なのです。

医学進学社は、この必要な分を徹底的に見極め、完全個別指導によって医学部合格に導きます。

各講座は細かく分かれ、受講料が決まっているので、「医学部に合格するのに必要なコストが幾らか」ということ明確にお伝えすることができるのです。
必要のないことにお金を掛け、必要な部分にお金が回らなくなっては本末転倒になります。
それは、受験生の立場に置き換えると、入試に意味のない学習に時間を割き、重要な学習が疎かにされてしまうという状態になるということなのです。

医学部合格をプロジェクトとして考える

家を建てるにはたくさんの職人が関わります。
決して、大工さんだけで建てるわけではありません。
それらの職人をまとめる役割が現場監督です。

実は医学部受験はこれに似ているところがあります。
科目別に家庭教師をつけても、あるいは色々な予備校に通っても一向に学力が上がらない、医学部に合格しない、これがそうです。

医学進学社の学習システムには各科目を個別に指導する講師たちを取りまとめ、医学部合格を総合的にマネジメントする監督が存在します。
生徒は監督のコーチングに従って、まるで試合のプレーヤーのように学習すればよいのです。

本人、親御さんだけでなく、一人の生徒に対して、医学部の様々なプロたちがバックアップして、医学部合格を実現する。

それは、私たちプロ集団の一大プロジェクトと考え、「合格の方法策定」→「合格への努力の完全サポート」→「合格達成」を完成させていきます。

医学部受験指導の定員を考える

ここ数年、医学部受験者数は増加の一途をたどっており、またそのための予備校も数多くあります。

医学部に合格させるということは、これらの受験生、予備校を凌ぐ優れた戦略が必要となります。

この優れた戦略に対応できる高い能力や経験をもった医学部受験のプロは、そう多くはいません。

受講定員5名。
それは、医学進学社が擁する医学部受験のプロたちが責任をもって指導を引き受けられる生徒の人数なのです。

私たちはこの5名全員を医学部に合格させるためにベストを尽くすことをお約束します。