医学部の再受験・放校を解決する医学進学社

医学進学社トップページ   >>  留年・放校のサポート

どこの医学部も受からない?かもという心配がありましたが先生のサポートのお蔭で、帝京大学医学部に何とか合格出来ました。ありがとうございます。1つ教えてください。

よく、医学部での勉強は医学部受験の勉強と比べ物にならないぐらい…と聞きますが受験生時代に一日13時間くらい勉強していて、今回合格したから安心していたのですが、医学部に入ってからはそれ以上に勉強しているということなのでしょうか?
一人知り合いの方で放校になった方がいまして…詳しく教えてもらえないでしょうか?

医学部入学後の勉強は大変ですが、日々の学習時間は個人差があります。基本的には真面目にやっていれば必要以上に心配することはありません。 ただし、大学により単位取得や進級に関しての扱いが厳しい場合もありますので、放校率が高い医学部もあります。放校は即ち除籍処分ですので、入学してから苦労して取得した単位がすべて無効になるばかりか、医学部再受験が相当困難になり、その後の人生に大きな障害をもたらすことになります。放校の可能性が生じた場合には処分前にご相談いただくことをお勧めします。もちろん、既に放校が決定してしまった場合のご相談にも対応はしていますが、事前の方が対策は楽です。

よくあるご質問

  • ようやく医学部に合格したのに放校になりそうです。どうしたらいいですか?
  • お陰様で医学部に無事合格出来ました。知り合いの方から合格してから 留年や放校にならない様に、気を付けてね。と言われました。何を気を付ければいいのでしょうか?
  • 一度医学部を退学しても、再度医学部に合格する可能性ってありますか?

留年・放校時のポイント

留年・放校により人生計画が変わってしまった。でもあきらめるしかない。という相談を多数頂きます。
何があなたにベストで、どんな方法があるか?100人いれば100パターン進め方や対策方法が違う事も多々あります。
実際に「留年・放校」に関する知識やノウハウがなければ、せっかくお金をかけて頑張っていたものが、全て台無しになってしまいます。
しつこい勧誘などは一切ありませんので、お気軽にご相談ください。