医学部の再受験・放校を解決する医学進学社

医学進学社トップページ   >>  ここだけの話しブログ

私立医学部への風当たりの厳しさについてのご相談内容

  • 投稿日:
  • by

hansei_koukai_man.png

私立医学部への風当たりの厳しさにたまに泣きそうになります。

親は確かに開業医です。
跡を継ぐことも決まっています。

高校時代私の偏差値はたったの48でした。
一年の学費400万円の医専予備校に二年通い、
今は偏差値65の私立の医学部に通っています。

これって、悪いことですか?
親の金で・・・とか、金積んでだろ・・・とか批難めいたことを、
ネットや世間で目にしたり、耳にします。

私に対しても直接ではありませんが似たような誹謗中傷を言っている人もいるようです。

私自身は正直医者という職業に興味はありませんでした。
父を尊敬はしていましたが、当たり前の生活の上でしたから、
父はあくまでも他の子のお父さんと同じように、お仕事をして私たちにご飯を食べさせてくれる人でした。

なにか自分に夢があれば、その道に進もうと思うこともできたのですが、
高校生になっても、特に「この職業に就きたい」と思うものが出来ませんでした。

そこで父にそれなら医学部に行ってくれと言われ、
上記のようなありさまだったのに必死で二年で勉強して、
現役で医学部に合格したのです。
お金を積んだとかそういったことは一切していません、当然ですが。
国公立の医学部に通うような人から見れば、
確かに私なんてまだまだかもしれませんが、自分からしたらものすごい変化です。
父にも泣いて喜ばれ、その時は自分はすごくいいことをしているのだと自信を持てました。
今の大学での勉強もついていくのが大変ですが、必死に勉強しています。

でも、自分なりにこうやって努力しているのに、他人にはやはり見えませんから、
あのような中傷を受けやすく、それで傷つきもう勉強なんて止めてしまおうかと思う時がよくあります。
特にそういったことを言うのは高校時の知り合いです。
なにしろ高校の時の成績を知っていますから、陰で言われていたのを知っています。

皆さんはこういう時どうやって対処していますか?
どうやって立ち直っていますか?